手のかゆみ・手湿疹かも

手のかゆみ・手湿疹かも

手がかゆくなる手湿疹ですが、かいてしまうとどんどんひどくなります。

 

酷くなってしまうと、
塗り薬でもステロイド剤を使わなくてはならなくなりますし、
さらに酷くなれば、飲み薬も飲まなくてはならなくなります。

手湿疹は、とても痒いのですが、
かいてしまうと皮膚がめくれ、
ジュクジュクしてしまい、雑菌が入るなどして
さらに悪化してしまいます。

 

ですから、痒みを抑え、我慢しなければなりません。

 

?いてしまうと、?き壊すまでかきむしってしまいます。

 

そこで、手湿疹のかゆみはなんとしてでも我慢しなければなりません。

 

私も、痒みを感じたときは、じっと我慢します。
自分との戦いです。

 

手がぬれないように気をつけて冷やすのも
痒みを抑えるための一つの方法です。
氷やアイスノンで冷やすときは、
刺激が強すぎて、返ってかゆみが増してしまったりします。
ハンカチ等で包んで、そっと冷やすと良いですよ。
手がぬれてしまったときは、
そのままにしておくと乾燥を招き、手湿疹が酷くなるので、
必ずタオルなどで優しく拭き、
その後ハンドクリームで保湿してくださいね。

手湿疹の原因

手湿疹ができる原因はさまざまです。

 

乾燥など季節的なもの、かぶれ、汗などがありますが、
特にアトピーやアレルギー体質の女性に多いです。

 

そして、ストレスや睡眠不足なども
手湿疹が酷くなる原因の一つとして考えられています。

手湿疹ができないようにする方法

手湿疹は一度できてしまうとなかなか治りません。

 

そこで、手湿疹ができないように工夫する事が必要です。

 

手湿疹ができないようにするには、いろいろな方法があり、
人それぞれ合っている方法、あわない方法があると思いますが、
私は、以下のような方法で手湿疹を作らないように気をつけています。

 

・優しい洗剤を使う

 

洗い物をするときは、なるべく「手に優しい」洗剤を使う。
少し高い洗剤のほうが、「手に優しい」ようです。

 

・ハンドクリームはさらさらのものをつかう

 

べたつくハンドクリームは、
保湿ができて良い気がしますが、
逆に痒くなる気がします。

 

さらさらな使い心地のハンドクリームをこまめに塗ったほうが効果的です。

 

・夜はしっかり保湿する

 

夜はしっかり保湿します。
ハンドクリームを塗ったら、綿の手袋で保湿します。