手のかゆみ・手湿疹かも

かゆみの原因になりやすいもの

わたしたち人間の皮膚は、とてもデリケートにできていて、皮膚が乾燥するとお肌のバリア機能が弱くなり、かゆみを感じることがあります。
アトピーや湿疹などの症状が出て、皮膚にかゆみを感じる人もいますが、高齢者はお肌の水分や保湿成分がどんどん少なくなっているので、とくにアレルギー体質や汗をかきやすい体質ではない人でも、皮膚のバリア機能が低下して、かゆみの症状が出ることがあります。

 

ふだんは、とくにヒアのかゆみを感じない人でも、冬の寒い時期になると空気の乾燥が原因で、お肌がかさついてしまい、手がかゆくなったり、頭皮がかゆくなることもあります。皮膚のかゆみの原因として、空気環境や紫外線、温度や湿度などの外的な要因もあれば、ある特定の食べ物が原因でかゆみの症状が出るなど、内的な要因もあります。

 

皮膚にかゆみを感じるようになると、我慢できなくなり、ついかゆい箇所をかいてしまうこともあります。しかし、本来はかゆみを我慢していれば自然に治るかもしれないところを、手の爪でかいてしまうことで、雑菌が皮膚に侵入して、よりかゆみが強くなり、かいた箇所に炎症を起こしてさらに症状を悪化させることにもなりますので、できるだけ我慢して手に触れないことです。

 

かゆみの原因のひとつとして下着や洋服など衣服による摩擦、入浴時にナイロンタオルなどで体をごしごし洗うことなども挙げられます。とくに、化学繊維に対する皮膚への刺激が強くなることが原因で、皮膚のかゆみをともなうことがありますので、お肌が敏感な方は、注意が必要ですね。

 

もともと乾燥肌の人は、その分、お肌のバリア機能が低下しているので、ちょっとしたお肌への刺激でかゆみを感じることがあります。乾燥肌を防ぐ対策として、ジェルやクリームをつけてお肌の水分量と油分、保湿成分のバランスを十分に整えておくことも大切ですね。

 

ふだんから手指を清潔にしていないことが原因で、手指が直接皮膚に触れることで、かゆみをともなう可能性もありますので、ふだんから手は清潔にしておきましょう。入浴の温度が原因で、皮膚のなゆみの原因となることもあります。

 

40度以上の温度のお湯につかると、全身の皮膚に存在する皮脂がどんどん奪われてしまうので、お肌のバリア機能が低下しやすくなり、かゆみの原因となります。とくにお肌が敏感な方は、入浴剤やお湯に含まれる塩素などの有害物質で、皮膚への刺激が強くなりますので、お湯の刺激をやわらげる工夫が求められます。入浴時に体を洗うときに、ごしごしこすってしまうと、皮膚が傷ついてしまい、バリア機能が低下する原因になります。石けんは直接、お肌につけるのではなく、ネットなどでよく泡立ててから、使うことで、お肌への摩擦を抑えることができます。

 

入浴後に体をふくときのタオルの選び方、使い方にも工夫が必要です。タオルの繊維によっては、お肌への刺激が強いものもあります。できるだけ繊維が軟らかいタオルを使い、全身の皮膚をこするのではなく、水気を優しいタッチでふき取ることです。